• ホーム
  • 医院のご案内・設備について
  • お知らせ
  • スタッフ紹介
  • アクセス・病院までの道のり
診療案内

4月・5月の診察のお知らせ

4/29(木)・5/27(木)最終木曜日のため休診になります。
お間違えございませんよう、よろしくお願い致します。
また、GW期間中は、下記の通りとなりますので、
お間違えございませんよう、よろしくお願いいたします。

9:00-12:00 17:00-18:00
(お薬&フードは19:00)
5/1(土)
5/2(日) 休診
5/3(月) 休診
5/4(火) 休診
5/5(水) 休診日 休診日

ページ先頭へ

新型コロナウイルス感染症に対する当院の対応について

病院は「密室空間・密集場所・密接場所」の条件がそろいやすい場所です。
これら3つの条件が同時に重ならないようにすることが大切です。
当院におきましても、引き続き感染防御を確保しつつ、必要な診察を行うため、下記の対応を行っておりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

来院前の注意事項

  1. 飼い主様に発熱・咳などの症状がある場合は、代理の方にわんちゃん・ねこちゃんを連れてきていただくようお願いいたします。

来院時の注意事項

  1. 受付表にお名前をご記入後はできる限り院外で待機していただき、病院のスタッフの指示により院内へ入室するようお願いいたします。(問診はこちらから飼い主様の方へお伺いさせていただきます。)
  2. 診察室への入室は2名までとなります。(できれば1名)他のお連れの方は院外でお待ちいただくようご協力お願いいたします。(複数でのご来院はお控えください)
  3. 健康であってもマスクを着用していただき、ご来院いただきますようご協力をお願いいたします。

当院の密集・密閉・密接対策について

密集対策
  1. 待合室の混み合い緩和のため、診察までは、できる限りお車、院外での待機、ご自宅での待機にご協力をお願いいたします。ただし、夏場ですので、長時間の院外での待機は熱中症や動物の病状の悪化の原因になることもございますので、待合いでお待ちいただく場合は受付にお申し出ください。
  2. 診察室へは原則、健康な成人2名まででご入室いただき(できれば1名)、他のお連れの方は院外でお待ちいただくようご協力お願いいたします。(複数でのご来院はお控えください)
密閉対策
  1. 診察の合間もしくは診察中に診察室のドアの開放を行うことがあります。また、空気の入れ替えのために、待合の自動ドアも定期的に開放することがございます。
密接対策
  1. 診察時、スタッフがマスクや手袋をつけて保定をさせていただくことがあります。

手袋に関しましては、スタッフは常に消毒・清掃を徹底しているため、手荒れがひどくなっております。保定時の動物の毛の刺激緩和、動物からの様々な病気の感染防止の意味もありますので、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

その他の対策
  1. 当院は、開院当初からできる限りの院内清掃・消毒(診察ごとの消毒・掃除機)を徹底しております。

スタッフ一同、可能な限りの配慮と対策に努めてまいりますので、ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。

ページ先頭へ

フィラリア予防とノミ・マダニ予防のお知らせ

目には見えなくても外敵がいっぱいです。
しっかりと対策をおこなって安心して楽しく過ごしてくださいね。

フィラリア予防

4月(5月)から12月まで、毎月1回予防してあげてください。

フィラリアは蚊に刺されることで感染し、心臓病などを引き起こします。
わんちゃんはもちろんですが、ねこちゃんやフェレットさんにも感染します。
完全室内飼いでもフィラリア感染が報告されていますので、
お散歩に行かないワンちゃんやお外に出ないネコちゃん、フェレットさんも
予防をしてあげてくださいね。
また、フィラリア検査で採血した血液を使用し、
血液検査による健康診断をおこなうコースもご用意しております。

ノミ・マダニ予防

4月から11月まで、毎月1回予防してあげてください。

ノミ・ダニに感染すると、皮膚炎になったり、
腸内寄生虫や血液寄生虫に感染したりします。
そしてマダニは最近ニュースでも取り上げられているように人に病気を媒介します。
ノミ・ダニがつく前に「付かないように」予防してあげましょう。

ページ先頭へ

毎年1回はペットドック(健康診断)を!!

ペットドッグとは人でいう人間ドック(総合健康診断)のことです。昔に比べ餌が良くなり、飼い主様の予防意識が向上し、また家族の一員として大切に育てられているため動物の平均寿命は延びてきています。その一方で、動物たちも肝臓疾患・腎臓疾患・内分泌疾患・心臓疾患・腫瘍など人と同じように様々な病気にかかるリスクが増えてきています。動物たちは言葉で自分の病状を伝えることができませんので飼い主様が症状に気づいたときには、病気が進行してしまっていることがほとんどです。病気は早期発見で治療をおこなえば治ることがあります。治らない病気でも進行を遅らせたり、痛み、不安を減らすことができる場合があります。 ペットドックでは複数の検査を同時に行うので、多くの病気の早期発見につながります。また、病気の進行具合を判断して、今後の方針を決めることができます。
さらに、健康な時のデータを毎年比較することで、今後の病気の発見がより早期にできます。
このような理由から、ぜひ年に1回はペットドックを受診してあげてください。

9月から2月は健康推進月間となっており、下記特別料金でペットドックができますので、 この機会に是非健康をチェックしてあげてください。

主な検査内容
一般身体検査、尿検査、糞便検査、血液検査、レントゲン検査、超音波検査(エコー検査)、心電図検査(犬、猫のみ)

犬・猫
通常 16,000円+税 ⇒ 13,000円+税
ウサギ
通常 14,000円+税 ⇒ 10,000円+税
フェレット
通常 14,000円+税 ⇒ 10,000円+税
  • 明らかな症状のない子が対象です。
  • 予約制になりますので、前日までにお電話ください。
  • 午前中(11時30分まで)にご来院いただき、夕方のお迎えになります(お仕事前にお預かりし、お仕事帰りにお迎えという形でも構いません。診察時間前のお預かり等を御希望の場合はご相談ください)。
  • 動物種によって検査内容が異なります。
  • 犬・猫は検査前日の夜22:00以降は絶食し、また当日朝7:00以降は絶水でご来院ください。
  • ウサギは絶食、絶水は必要ありません。
  • フェレット当日朝9:00以降絶食でご来院ください。
  • 指先ほどの少量の便をラップに包むなどして(乾燥しないようにして)お持ちください。(12時間以内の便)
  • ご不明な点がございましたら、お気軽にお電話ください。
犬

ページ先頭へ

スタッフ募集のお知らせ

当院では獣医師動物看護師を募集しております。

獣医師

採用条件
獣医師免許取得者又は2018年3月取得見込みの方
正社員
備考:パート可(ご相談ください)
人数
1名
採用時期
随時もしくは2019.4月〜

動物看護師

採用条件
動物看護師(認定動物看護師 有資格者もしくは見込みの方)
正社員
備考:パート可(ご相談ください)
人数
1名
採用時期
随時もしくは2018.4月〜

詳細はお問合せください。
病院見学や実習希望の方もお気軽にご連絡ください。
072-486-5400 担当 葛城 

ページ先頭へ

ペットホテルについて

当院ではペットホテルをおこなっております。(犬・猫のみ)
ご利用の方は、お気軽にお問い合わせください。

確認事項

  • 1年以内に当院にて混合ワクチンを接種されている方に限らせていただいております。ただし、狂犬病ワクチンは集合注射や他院での接種でもかまいません。その際は、証明書をお持ちください。(証明書紛失の場合は再発行等をしてもらいお持ちください)
  • 1カ月以内の動物病院処方のノミ・マダニ予防の投薬が必要です。(当日でも可能です) 他院でされている場合は、空袋かレシートをお持ちください。
  • ☆ 当院で診察を受けられたことのない患者様は、事前に診察が必要となります。(一般状態の確認のため)
  • ☆ 初めてのお預かりで、2泊3日以上の場合は,トライアル(お試しの日帰りお預かり)<有料>が必要となります。(過剰な吠えやお世話が可能な子かなどを確認させていただき、お預かりできるか判断させていただきます。その結果、お預かりできないこともあります。)
  • 過剰な無駄吠え・過度の体臭・ペットや人への過剰な攻撃性などがみられる場合は、入院の子や他のお預かりの子に緊張とストレスを与えますのでペットホテルをご利用いただくことはできません。ご理解の程、よろしくお願いいたします。
  • ☆ お預かり・お迎えは診察時間内となります。
  • 水曜日(休診日)がかかるお預かりはできません。
  • ☆ 原則、日曜日の午後(午後休診のため)お預かり・お迎えはできませんのでご了承ください。
  • ☆ 年末年始のペットホテルは行っておりません。

ページ先頭へ

歯石と歯肉炎(歯周病)

わんちゃん、ねこちゃん、フェレットさんの「お口が臭い!!」と思ったことはありませんか?人と違い、ペットは自分で歯を磨くことができません。また、近年は栄養面、予防面の向上でペットの寿命が延び、ますます歯石・歯肉炎が増えてきています。

歯石や歯肉炎をほっておくと口臭だけでなく、口の痛みによる食欲低下がみられたり、歯周病関連細菌が歯根部(歯の根もと)の血管から血液にのって全身に波及し、肝臓、腎臓、心臓などに悪い影響を与え、病気の原因になったりします。

飼い主様と、わんちゃん、ねこちゃん、フェレットさんがお互い快適に過ごせるように、歯石が付いている場合は是非、処置してあげてくださいね。

歯石処置は、予約になります。朝ご飯を抜いて午前中に連れてきていただき、午後処置をして、夕方お迎えにきていただくという流れです。

麻酔をかけての処置になります。麻酔のリスクを不安に思われている飼い主様が多いですが、事前に血液検査をおこない、その子に適した麻酔薬を使用しますので、安全におこなうことができます。(ただし、血液検査、身体検査で異常がみつかった場合、歯石処置は延期もしくは中止することがあります。)

ご不明な点は、遠慮なくお問い合わせください。

歯石と歯肉炎

ページ先頭へ

ウサギについて

ウサギ

ウサギは自然界では完全な被捕食者であるため、病気のサインが非常にわかりにくい動物です。飼い主さんが発見したときは手遅れということも少なくありません。そのため早期に病気を発見して治療することがとても重要になります。健康診断では病気の早期発見だけではなく、栄養管理や飼育についてのお話をすることで、結果的に良好な健康状態の維持に結びつきます。

1歳までは3ヶ月に1回、1歳以上は年2回の健康診断が目安です。

不正咬合

ウサギの歯は常生歯といって生涯伸び続けますが、乾草をかむ動作により咬合面が擦れて削れ、正常な、かみ合わせが保たれます。ところがあまりかむ必要のないもの(ペレット、野菜、おやつなど)ばかり食べていたりすると咬合面は十分に削れなくなり、歯の先端がとがり舌や口の中の頬を傷つけます。ウサギは痛みに弱いので口の痛みによって食欲低下が起こり、食欲低下が消化器に悪影響を与え、悪循環へと陥ってみるみる状態が悪くなることがあります。一度異常な方向に伸びてしまった歯は、自然に矯正されることは稀です。 症状としては、食欲の低下、目やに、鼻汁、口の周りがいつも唾液で濡れていたり(よだれ)します。こういった症状がみとめられた場合はすぐに受診しましょう。

斜頸

頚が左右どちらかに傾く症状を斜頸といいます。ウサギでは細菌感染などによる内耳の病的な変化や、外傷、腫瘍やエンセファリトゾーンに脳の一部が侵されたために起こることなどが知られていますが原因がわからず突然発症する例もあります。この症状が出ると、姿勢を保つことが困難になるため、うまく食べられなくなったり、二次的な擦過傷・皮膚炎ができたりします。症状が長く続くとウサギの状態はどんどん悪くなっていきます。自力で採食や運動ができることを第一目標に治療・看護します。このような症状がみとめられたときは、早めに受診しましょう。

子宮疾患

ウサギは子宮疾患(内膜過形成、癌、筋腫、水腫など)の発生頻度がとても高い動物です。4歳以上になると発病率はきわめて高くなります。妊娠する機会がほとんどない家庭飼育のウサギでは常に発情している状態が続くことになり、この不自然なホルモンバランスが様々な悪影響を及ぼすために子宮の病気が多発すると考えられています。子宮の病気は発病しても長期的にわたり、食欲や元気はいつも通りということが多いです。2歳以上の雌うさぎに血尿がみられた場合、90%くらいの確率で子宮出血であるという報告もありますので、陰部から出血が続く場合、早めに受診することをお勧めします。ウサギは赤いおしっこをすることがあるため飼い主様による判断は難しいですので、赤いおしっこをする場合も一度ご相談ください。

うさぎ

ページ先頭へ

フェレットについて

健康診断

フェレットの場合、ペットショップから購入後、健康診断をすることが大切です。 来院時は、購入時に渡された書類や餌をできるだけ持ってご来院下さい。 健康診断では、全身のチェック、検便、皮膚及び耳道検査、成体であれば歯の検査、外部生殖器の確認などを行います。特にミミダニに感染しているフェレットは比較的多いので、黒っぽい耳垢がみられたら、早期に診察を受ける様にしましょう。ワクチン接種はおうちにきてから1週間くらい様子を観察し、おうちになれてからワクチン接種をします。 また、中年以降のフェレットは副腎疾患、リンパ腫、インシュリノーマなどの病気に罹患しやすいため、1年に1〜2回の定期的な健康診断をしてあげてください。

フェレットの病気の予防・対策

フェレットは犬ジステンパーウイルスや犬フィラリア症に感染します。また、屋外へ散歩させるとノミの寄生を受けることもあります。

@ ジステンパー感染症

ジステンパー感染症は直接、間接、空気感染で伝播し、7〜10日の潜伏期間の後に発症します。犬のジステンパーウイルスの感染症での致死率は100%と言われています。 症状は、発熱、食欲不振、目脂、鼻汁、気管支炎、水疱性の皮膚炎、ハードパッド、神経症状などで予防接種として、日本国内にはフェレット用として認可されたものは存在しないため、当院では、犬用混合ワクチンで安全性が確認されている鶏卵培養弱毒生ワクチンで対応しています。ワクチンプログラムは、初年度は1ヶ月間隔で2回接種し、以後1年間隔で追加接種をすすめています。

A インフルエンザ感染症

フェレットは人のインフルエンザに感染することも知られており、人からフェレットへ、フェレットから人への伝染も確認されています。予防ワクチンはありませんが、飼い主様がインフルエンザの予防をして持ち帰らない様にすることが予防策と言えます。

B フィラリア症

猫と同様に、フェレットも犬フィラリア症に感染することが知られています。 症状は、呼吸困難、腹水、咳、元気消失、食欲低下、突然死などがあります。心臓や肺動脈が小さいために、ごく少数の寄生でも重症となり死亡します。予防期間は、犬と同様に5〜12月までの8ヶ月間になります。

C ノミの予防と駆除

フェレットにノミが寄生することがあります。また同居ペットである犬や猫から感染することもあります。当院では、フェレットにも安全に使用出来るノミ駆除剤を用意してありますので、ノミがついてしまった、あるいは同居ペットでノミがついてしまった場合はご相談下さい。

ページ先頭へ